画像編集ソフト”GIMP”と出会って感動した話

チャレンジ

GIMPをご存知ですか?

GIMPはオープンソースで開発されている画像編集ソフトです。

どんなことができるかというと、画像の明るさなどの修正はもちろん、顔のしみ・しわの補正や輪郭をちょっとスリムにすることもできちゃいます!

同様のことができるソフトで私が知っているのはPhotoshop(フォトショップ)です。かなりいろんなことができる優秀なソフトなので、当然のようにそこそこのお値段がするのです…。

「世の画像修正ソフトはみんな同じくらいの価格はするんだろうなぁ」

なんてぼんやり思っていた時に知ってしまいました!このGIMP、フリーソフトなんだということを…!実は以前から「レタッチ勉強してみたいなー」と思っていた私には、渡りに船!すぐにダウンロードしました。本当に無料だった…。開発してくれている方々、ありがとう…。

さて、じゃあ「レタッチなんで勉強したいの?」ということですが、それはこのブログに関係しています。

伝えたいことを伝わりやすくするために

ブログは何か”伝えたいこと”があって書いています。

その伝えたいことを伝えるためには文章だけでも良いのですが、”よりわかりやすく、伝えたいことがより伝わりやすくなるように”と思って写真やイラストを載せています。

だから、”意図が伝わりやすいもの”をなるべく使うようにしているのですが、私が撮った写真だと、逆光になっていて見えづらかったり、使いたい部分は一部のなのにその他の余分な情報が多すぎたりと、そのまま写真を使ってしまってはわかりにくいものも多々あります。

必要な情報をよりストレスのない形で伝えられるようにするために、レタッチを学ぶことはとっても効果的だと思っています。

しかも、それを本当は身銭を切って学ばなければいけないところを、GIMPのおかげで無料で学ぶことができるのは本当にありがたいです。

GIMPとPhotoshopの機能差など詳しいことはわかりませんが、もし必要性を感じて、それが仕事なんかにもとてつもなく便利だったら、その時にPhotoshopの購入を考えたいと思っています。今はまだ勉強中で、その差も理解できないのですが。まずはその判断ができる位GIMPを使いこもうっと。

ただ、気を付けなければいけないのは、いつの間にか時間がたっていること。細かい作業をすると凝る性分なので、GIMPをいじっているといつの間にか時間がたっています。気を付けないと…。

さて、そんなレタッチ若葉マークの私でもちょっと練習したら簡単な写真修正ができるようになりました!

そこで、次回はその方法についてお伝えしようと思います!

【次回】GIMPでレタッチ!簡単にできるしみ修正!

※こんなのも書いています

twitterプロフィールのヘッダー画像のサイズがわからず四苦八苦
こんにちは!わっぺんです。最近、twitterのヘッダー画像を更新しました!ただ、こちらを付けるにあたって苦戦したので(勝手に)、己への戒めとして書き残しておこうと思います。twitterのヘッダーが切れてしまった今まで何も載せて...
ブログのアイコンをブックマークバー等に表示させる方法
こんにちは!わっぺんです。 ”サイトアイコン”ってご存知ですか?ファビコン(favicon)とも呼ばれているそうで、ブラウザのタブやブックマーク項目の端に小さく出ているあのマークのことです。Amazonだとaの下に黄色い矢印で顔みた...

コメント

タイトルとURLをコピーしました