リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「四重捜査網からの脱出」体験レポート【ネタバレなし】

ゲーム

リアル脱出ゲームと名探偵コナンのコラボイベント「四重捜査網からの脱出」で遊んできました~。

  • 1人でも遊べるのか?
  • 1人でも遊べる場合、複数人で遊ぶのとどちらがオススメか?
  • 事前に用意した方が良いものはあるのか?
  • 振り返りキットの内容は?
  • 遊んでみての感想や難易度について

などをネタバレせずに書いていきたいと思います!

※ネタバレは極力しないよう配慮して書きますが、「ゲームの内容・システム・演出を事前に少しも知りたくない」とか「少しでも目に入ったら気になってしまう」という方はここから先の内容を見ないことをおすすめします。

「四重捜査網からの脱出」のゲームについて

「四重捜査網(クリミナル・カルテット)からの脱出」はリアル脱出ゲームと”名探偵コナン”とのコラボイベントです。これまでもおよそ1年に1回の頻度でリアル脱出ゲームは名探偵コナンとコラボしてきましたが今回は初の”オンライン”形式でのリアル脱出ゲームとなります。

タイトル四重捜査網(クリミナル・カルテット)からの脱出
プレイ人数1~4人
プレイ時間120分~想定
プレイ形式ゲームキット+PC(+音声通話ソフト)
プレイ可能期間2021年3月10日(水)~
運営会社SCRAP
「四重捜査網からの脱出」基本データ

ストーリー

服部平次の思いつきで突如始まった——“推理対決”
それは、米花町で起きた様々な事件を誰が一番早く解決できるか競うというもの。

参戦者はそのとき喫茶ポアロにいたコナン・平次・安室と、沖矢の4人。

コナンは、出どころ不明の宝石の持ち主を特定する、“3億円分の宝石事件”を。
平次は、無料で水質調査をする怪しい人物の目的を突き止める、“偽水道局員事件”を。
小五郎の弟子として参戦する安室は、頼んでもいないプレゼントが突如届く“謎のサプライズ事件”を。
そして、突如参加することになった沖矢は、連続落書き犯の正体を暴く“米花町らくがき事件”を、
それぞれ捜査することに。

最も早く事件を解決し、推理対決を制するのは誰なのか?
そして、探偵たちは気づいていく。
4つの事件の裏に隠されたもう一つの犯罪の存在に……。

あなたは複雑に絡まった事件の謎をすべて解き明かし、たったひとつの真実にたどり着くことができるだろうか……?

「四重捜査網からの脱出」ストーリー

という事で、本作は名探偵コナンとリアル脱出ゲームのコラボイベントです。

登場人物はご覧の4名。コナン好きの方にはおなじみのメンバーです。

  • 江戸川コナン
  • 服部平次
  • 赤井秀一
  • 安室透

それぞれが別の事件解決に挑む、というところから物語はスタートします。参加者はこの4名の誰か(場合によっては全員)として事件に向き合っていくことに・・・。

コナンを知らなくても謎解きとしてもちろん楽しめますが、知っているとより楽しいと思います。

ただ、名探偵コナンは100巻ほど刊行されているご長寿作品なので「全巻を読んでから・・・」というのはなかなか難しいかも・・・。特に赤井さん、安室さんは少し読み進めてからでないと登場しない方々なので、少しでもコナンのことを知ってから遊びたい!という方は1巻を読んで、コナンの何となくの世界観だけでも掴むのがおすすめです。

プレイ人数

プレイ人数は1~4人となっています。

今回はゲームキットが「コナン・平次・赤井・安室」の4つに分かれて販売されており、その4つのキットを揃えないとゲームを始めることができません。一人で4つのキットを買えば一人で遊べますし、それぞれキットを購入すれば最大4人で遊ぶことができます。

全て内容が別のものとなっているので、例えば4人全員がコナンのキットを購入しても遊ぶことはできません。必ず「コナン・平次・赤井・安室」の4つのキットが必要です。

今回私は4人で遊んだのでひとり1キット購入しました。ちなみに私は”平次”の担当に。

「四重捜査網からの脱出」平次キット

プレイ時間

「四重捜査網からの脱出」に制限時間や開始時間指定などはありません。そのため、4つのキットが揃って全員の都合が良い時にいつでも遊ぶことが可能です。

ちないに、攻略所要時間の目安は公式サイトによると”2時間~”となっていますが、私が実際に遊んでみたところ、4~5時間くらいかかりました。途中休憩を挟んだり、通信トラブルがあったりもしたので、ゲーム進行に純粋にかかった時間という事では無いですが2時間でのクリアは難しかったかなと思います。

また、後で詳細については書きますが、ゲームクリア後に全員でわいわいと話す時間があった方が楽しいゲームかなと思ますので、時間に余裕をもった挑戦がおすすめです。

用意が必要なもの

「四重捜査網からの脱出」を遊ぶ上で用意が必要なのは以下の4つです。

  • ゲームキット(全員で4種必要)
  • パソコン
  • 筆記用具
  • (遠隔の友人と遊ぶ場合)音声通話ツール

「四重捜査網からの脱出」はオンラインで遊ぶリアル脱出ゲームですが、事前にゲームキットの購入が必要です。リアル脱出ゲーム常設店舗店頭のほか、SCRAPや少年サンデーなどのオンラインショップでの購入が可能です。

4人で遊ぶ場合は全員分を誰かがまとめて購入し配布するか、担当キャラクターを決めてそれぞれが担当キャラクターのゲームキットを購入するかになります。おひとりで遊ぶ場合は4つのキット全てを購入する必要があります。

各ゲームキットは2,900円(税込)で、4つすべてを購入すると11,600円(税込)です。

また、ゲームページにアクセスするのにインターネットにつながる端末が必要です。プレイしてみた感じ、パソコンを用意した方がスムーズに遊べると思います(スマホだと画面が小さく操作しづらいような気がします)。
もし同じ部屋に4人で集まって遊ぶ場合も端末は4台必要になりますのでご注意ください。

また、遠隔の友人と遊ぶ場合はコミュニケーションをとるための通話ツールが必要です。Zoom、LINE、GoogleMeetなどの中から全員が使いやすいものを選ぶと良いと思います。ただし、無料版のZoomは3人以上のミーティングの場合、40分間という時間制限があるので要注意です。

(ネタバレなし)「四重捜査網からの脱出」を遊んでみての感想

ゲーム画面の準備について

まず、ゲームを行う上でのゲーム画面の準備についてです。

今回私たちは全員自宅からの参加だったので、それぞれの家のパソコンから参加しました。

案内されたウェブサイトにアクセスすると、代表者を決めて、その代表者が”ルーム”を作成するように指示されます。一緒に遊ぶ全員がそのルームにアクセスをすることで情報や進捗情報などを共有できる仕組みになっていました。

具体的な流れとしては以下のような感じです。

  1. 公式ウェブサイトのページ下部「ゲームスタート」をクリック
  2. 「最初からはじめる!」をクリック
  3. 注意・確認事項に同意して次へ
  4. 代表者が1名がルームを作る
  5. ルームコード・パスワードを代表者から共有してもらう
  6. チケットコード・ルームコード・パスワードをそれぞれが入力し、ログインする
    (この時にそれぞれ担当キャラクターを選択し入室する)

それぞれ自分の画面に異なる指示が出たりするので端末はプレイする人数分必要です。

個人的にはこのシステムにすごく感動しました!

それぞれが同じ段階まで進んでいないと先に進めないような仕組みになっており、「誰かが先の展開を見てしまってネタバレしてしまった」みたいなことが起きないつくりになっています。離れていても全員で一緒に遊んでいる感じがして、とても好きでした。

ゲームを遊んでみての感想

コナンとリアル脱出ゲームのコラボイベントは今までいくつも開催されていますが、今回初の”オンライン”のイベントのようです。私も今までいくつかのイベントに参加したことがありますが、全て店舗でのイベントでした。

今回オンライン開催となり、お家から遠方の友人と気軽に遊べるようだったのでとてもありがたかったです。制限時間が無いのでゆっくり自分たちのペースで遊べたのも良かったなぁと。

また、自分達で時間配分ができるからこそなのですが、もし可能ならゲームが終わった後の感想戦の時間をゆとりを持ってとった方が良いと思います。

今回4人のキットの中身がそれぞれバラバラということもあり、それぞれがどんな事件を捜査していて、どんな謎を解いたのか、といったことが自分目線だけだと若干わかりにくかったように感じました。なので、ゲーム終了後に「コナンはあの時どんなことしてたの?」みたいに全員共有する時間があると全体像が見えてスッキリすると思います。

ちなみにゲームの難易度についてはそこまで難しすぎず、ほど良いバランス感だったと思います。謎解き大好き!な手練れな方にはもしかしたら割と簡単と感じる方もいるかもしれません。あと、私は服部平次担当でしたが、もしかしたら他のキャラクターだと難易度が若干異なる・・・という事はあるかもしれません。

最後に、今回のコナンのリアル脱出ゲームを何人で遊ぶのがオススメかについてです。今回のコナン脱出は、キットを4つ買えば1人でも遊べるし、バラバラに買えば4人で遊べるというものでした。

結論から言うと、私は4人で遊ぶのがおすすめだと思いました。4人で遊ぶことを前提に作られている仕掛けなどがあるように感じたので、個人的には4人で遊んだ方がより楽しめるかなと思いました。

ただ、「謎をたくさん解きたい」という方はおひとりで遊んでも良いかもしれません。4人ばらばらの謎に挑む関係で、全員のすべての謎を後から把握したりという事は難しいかもしれないからです。

振り返りキットの内容について

ちなみに別料料金で「振り返りキット」というものを購入することができます。単品でも購入できますし、特典付きキットを選んだ方はそちらにも封入されています。

「四重捜査網からの脱出」振り返りキット

振り返りキットの内容ですが、それぞれがどんな風に事件と関わっていたのかが各キャラクター目線のストーリーで書かれています。表紙にも書かれているとおり、公演の内容がばっちり記載されています。ネタバレになるので公演終了前に開けるのはNGです!

振り返りキットにはこれまでのゲームで辿ったストーリーが書かれているのでこちらを見ながらゲーム終了後の感想戦をするとスムーズかな?という印象でした。

ただ、それぞれがどんな謎を解いていたのか(ギミックやキットの内容等)、といったことはわからないので、謎について詳細が知りたい場合は一緒にプレイした方にきくまたは一人で全キャラクターをプレイすると良いと思います。

「四重捜査網からの脱出」体験レポートまとめ

今回のコナン脱出、無事にすべての謎を解き明かすことができました~!

これまで店舗型のコナン脱出は制限時間があるタイプのものだったこともあり、なかなか脱出ができていなかったので素直に嬉しいです!

実際プレイしてみて仲間と協力しているという感じが楽しかったので、一人で謎にがっつり取り組むというのも良いのですが、もし可能なら4人でプレイされるとより一層楽しめるかなと思いました。

ゲーム中や捜査終了後に記念撮影に使えるようなちょっとした小道具?なども封入されているので原作ファンならそれでまたひと盛り上がりするかもしれません。
一方で私たちのチームの中には中には「コナンにそこまで詳しくない」という方もいたのですが、キャラクターのことはわからなくても、謎解きを十分に楽しめていたようで安心しました。

ファンには嬉しい要素がありつつ、あまり知らなくても楽しめるというバランスの取れたゲーム、それが今回のコナンのオンラインリアル脱出ゲームかなと思いました。

ちなみに、私は今回”服部平次”担当でしたが、他の参加者の方に聞いたところ、どのキャラクターでもそれぞれの楽しさがあったようです。なのできっと、誰のキットを選んでも楽しめるんじゃないかなと思います。直感で選ぶのもいいと思うのですが、迷ったら公式サイトの捜査スタイル診断で担当キャラクターを選んでみたもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました