自分の”書きたい色”で書く-inkstand(インクスタンド)でインクを作った話-

東京

カキモリというお店、ご存じですか?東京の蔵前にある文房具屋さんなのですが、自分の好みのノートを作れたり、万年筆や便箋などとってもおしゃれな文具が揃ったりと”書くことが楽しくなる”文房具がたくさん揃ったお店です。

 

自分用にももちろんですが、オリジナルノートが作れるということで、プレゼントにも人気なようです。私がうかがったのは土日だったのですが、作成するために30分ほど並ぶとアナウンスされていました。人気ですね!

さて、ここまでオリジナルノート云々の話をしてきましたが、今回の目的はノートではありません。カキモリさんの姉妹店でつくることができる、オリジナルインクを作ることです!

 

inkstand(インクスタンド)って?

inkstand(インクスタンド)とは、カキモリさんの姉妹店でカラーインクを調合してオリジナルのインクを作れるお店です!色とりどりなものが大好きなわっぺんは”カラーインクを自分で調合!?”ということだけでときめきを隠せませんでした。

 

1時間で1色作成できます(追加料金で2色まで作成可能だった気がします)。私は事前予約をしていきました(結構込み合っているので、予約がおすすめです)。
インクを調合できる、というだけでもワクワクものですが、こちらのインク作成に参加したかったのには実はもう一つ理由があります。

それは、

”手作りインクで日常使いできるペンをつくる”

ということ。

 

万年筆に使われるインクは水性染料のものが多く、水ににじみやすいという特徴があります。しかし、こちらのインクは”水性顔料”。比較的水やにじみにも強いそうです。それを、カキモリオリジナルの”ローラーボール”というペンに入れて、ボールペンのようにインクを楽しむ・・・ということをしてみたかったんです!ボールペンは普段使いしているので、これなら”作ったけど使わなかった”ということも無さそうだな、と。

 

オリジナルインク製作体験記

さて、ink stanadに入るとイロドリドリのカラーインクがお出迎えしてくれます。実験室みたいでワクワクが止まりません!

さて、オリジナルカラーインク作成の手順です。

作成手順

  1. 使いたいインクを2~3つ選ぶ
  2. カップにインクを1滴ずつ垂らす
  3. 「ちょうどいいかな?」と思ったらガラス棒でよく混ぜる
  4. ガラスペンにインクをつけ、書いてみる
  5. 色を変えたい場合は、ガラスペンを洗い、1~4を繰り返す
  6. 「この色でOK!」となった場合は使ったインクの滴数をメモし、店員さんに渡す。
  7. 30分くらい時間をつぶしてお店に戻ると・・・

完成!

お好みでローラーボールを購入して使うもよし、お手持ちのガラスペンや万年筆で使うもよし、です。

ローラーボールとオリジナルカラーインク。ローラーボールには意外と簡単に詰めることができます。

 

自分で作った好みの色のインクを使うと、色んなものにとにかく書きたくなっちゃいますよ!文房具好きの方はもちろん、「好みの色のペンがないなー」と思っている方やプレゼントにもおすすめですよ!

 

inkstand by kakimoriの詳細情報

【 場所 】東京都台東区蔵前4-20-12 クラマエビル1F

【アクセス】浅草線 蔵前駅徒歩3分、大江戸線 蔵前駅徒歩5分

【駐車場 】なし

【営業時間】11:00~19:00

【定休日 】月曜日(月曜日が祝祭日の場合は営業)
※営業時間等は変わっている可能性があるので、公式ホームページ等で確認することをおすすめします

 

※こんなのも書いています

カキモリのローラーボールが固まってしまった時の対処方法
以前カキモリで作ったローラーボールのインクが私の不注意で固まってしまい、全く書けなくなってました・・・。そんな時の対処方法をカキモリさんで伺ってきたので、ご紹介します!※今回詰まってしまったのは、この時に作ったインクを詰めたローラーボー...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました