私がファイナンシャル・プランンニング(FP)技能検定3級受験を決めたわけ

チャレンジ

 

会社を辞めて一番痛感しているのは「生きるのってお金がかかるな」ということです。

特に、税金とか健康保険とか、そういう”会社員時代は会社の経理の方々が処理してくれていたけど、地味に結構お支払いしていたお金”について絶望するほどそう思いました。

 

収入が無くても引かれていく税金たち…

会社員を辞めて、今までの厚生年金から国民年金に切り替えたり、国民健康保険に切り替えたりと、様々手続きをしたのですが、そうすると、今までお給料から引かれていた税金たちの全貌を目の当たりにします。月々分割で引かれていく金額でなく、合計額が書かれた請求書が自分宛に送られてくるので、そのインパクトはかなり大きく、正直なところ、初めてその請求書を見た時は、「何かの間違いだな」と思ったほど。

 

でも、計算をしてみると確かに間違いないようで…。もうその時は溜息しか出ませんでした。

会社を辞めてもう収入が無いのに、出ていくものが多いこと多いこと…。

 

そして、かなりの不安に襲われました。

「この先、生きていけるのかな?」

と。

 

でも実はこれらのお金は、今までもお給料から引かれていたお金たちではありました。”手取り”として銀行に振り込まれる前にどなたかが代わりに処理をしてくれていただけで…。

それでも、急に不安を感じたのは、今まで自動で引かれていたものから、”自分で能動的に振り込むという行為へ変わった”から。

しかも、会社に勤めていた時は毎月決まった時に決まった額のお給料が振り込まれていたのに、これからは毎月の確約が何もない。少なくとも、”税金を払えない”という心配は無かったのに、これからは自分でしっかり管理をしていかないと、そういう事態にもなるかもしれない。

会社を辞めてフリーになる、ということの怖さを感じた瞬間でした。

 

そしてそれはきっと今まで私が生きるために必要なお金のことについてあまりに無頓着すぎたからだと思います。この不安を解消する方法を自分なりにずっと考えていたのですが、その答えがようやく最近見つかりました!

 

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定受験します

わからないことは必要以上に不安になるものです。

私にとって”生きるために必要なお金のこと”はまさにそれでした。「ではそれを”よくわからないもの”で無くすにはどうしたらよいか」を自分なりに考えてみたところ、”ファイナンシャル・プランナー(FP)”の存在に辿り着きました。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、暮らしとそれにかかるお金のことについて相談に乗ってくれる専門家のことをいうそうなのですが、まさにこれ!その存在を知った時に、「これが私の抱えている不安の一端を解消する方法に違いない!」と確信しました。

もちろん、FPの専門家にお願いすれば相談には乗っていただけると思うのですが、自分でしっかり理解しないと不安は解消されそうにありません(昔から色んなことを知っていないと気が済まないたちでした)。ということで、

「”自分にかかるコスト”のことをしっかり把握できたら不安への対処法がわかり、安心できるはず」

と考え、FP3級の試験受験をすることにしました!

 

もちろん、ここまで書いたような目的であれば何も試験を受ける必要は無いのですが、体系的に学ぶにはFPの試験勉強をするのが一番かなーとぼんやり思い、「だったら受験もしてみよう」という軽い気持ちで申し込みました。

それに、自分の自制心が弱いことも自覚しているので、締め切りがあった方が頑張れる気がしています!

 

誰かの相談に乗ることができるFPの資格ですが、まずは自分と自分の家計の暮らしとお金について理解・対処することを目標にします!(そういう目的の方も多いようですね)

 

ということで、しばらくブログの更新がゆるやかになります

試験は1月末。

なんと、あと1ヶ月強!す、すぐだー。

 

ちなみに使っているのはこちらのテキスト。

 

わかりやすいテキストなのですが、なんせ今まで通ってこなかった分野…。ひいひい言いながら勉強しています…。

 

ということで、しばらくはそちらの勉強に掛かり切りになりそうです。このブログの更新が遅くても、どうか温かく見守ってやってください…!

 

※こんなのも書いています

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定3級試験を受けました
以前このブログで「”3級ファイナンシャル・プランニング技能検定(3級FP技能検定)”を受験します」というようなことを書きましたが、先日その結果が発表されました。 ※FP3級受験についてはこちらの記事をどうぞ ...
【誰も教えてくれない】退職後に発生する手続き
こんにちは。わっぺんです。 そういえば先日会社を辞めたのですが、その時地味に不安だったのが、”退職後の各種手続き”です。 会社を辞めるのは2度目だったのですが、前回は、会社①→会社②の間に一瞬でもフリーの期間がな...
自由すぎるというストレス
会社を辞めて最も変わったのは、「自分が自由に使える時間が増えた」ということです。今までは平日に1日8時間+αの会社勤めの時間がありましたが、それが無くなり、24時間ずっと自由な状態に。「なんて素敵な状況!色んな事試しまくれるし、なん...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました